ねこじょーかーぶろぐ
レベルアップしたい 20代〜30代の会社員へ
仕事

仕事は真面目にやるな!「適当にやる」が正解です【肩の力を抜こう】

仕事は真面目にやりなさい。

「仕事を真面目にやる」という言葉を鵜呑みにしていませんか?

「え?仕事って真面目にやるものでしょ?」と思った人は、この先を読む価値があります。

逆に、タイトルを読んだだけで「あぁ、あの話ね」と内容を察した人は、この先を読む必要はありません。

「真面目に仕事をやっている」という人は、「やっているつもり」になっている可能性があります。

エンジニア歴6年である私の経験談として、仕事は真面目にやるのではなく「適当にやる」のが正解です。

本記事を読むことで、以下のことがわかるようになります。

  • 「真面目にやる」の本当の意味
  • 「適当にやる」の本当の意味
  • 仕事を適当にやる3つにポイント

記事を読み終わる頃には、仕事のパフォーマンスがグッと上がっていますよ。

では、早速見ていきましょう。

仕事は真面目にやるな!「適当にやる」が正解です

結論から言うと、「適当にやる」というのは「不真面目にやる」ということではありません。

「真剣にやりつつ、100%の力を出す仕事を見極める」という意味になります。

これだけだと伝わらないと思うので、詳しく深掘りしていきます。

「適当にやる=不真面目にやる」ではない

不真面目に仕事をやるのは普通に考えてNGでしょ。

確かに、不真面目に仕事をするのはNGですが、「適当にやる=不真面目にやる」ということにはなりません。

以下のような違いがあります。

「適当」と「不真面目」の違い

適当にやる
  • 相手の考えを察して仕事をする
  • 自分の工夫を取り入れる
不真面目にやる
  • 頼まれた通りの仕事をしない
  • 約束を守らない

上記の通り、全然違いますね。

「不真面目にやる」と周りの人の信頼を失いますし、自分自身の成長も難しいです。

「適当にやる」というのは、「相手の考えを察して、自分なりの工夫を取り入れる」という意味になります。

「言われた通りに仕事をする」というのも大切ですが、言われた通りに仕事をしても100点ではない場合がほとんどです。

「真面目にやる=言われた通りにやる」ではない

言われた通りに完璧に仕事をするぞ!

「真面目にやる=言われた通りに仕事をする」と思われがちですが、これは完全に間違いです。

言われた通りに仕事をすると、以下のようなことが起きてしまいます。

  • 相手の本当に言いたいことが理解できない
  • 内容に間違いがあることに気付かない

もう少し深掘りしていきます。

相手の本当に言いたいことが理解できない

ジムに行きたいから、ジムを紹介してほしい!

例えば、「ジムに行きたい」という人がいたとします。

ここで、「よし、近くのジムを徹底的に洗い出して、資料にまとめるぞ!」と考えてしまった人はNGです。

ここは、「なぜジムに行きたいのか?」というところを深掘りして聞く必要があります。

ジムに行きたいと言っているんだから、それ以上聞いてどうするの。

こういう人もいるかも知れませんが、みなさんがジムに行く目的は「ジムに行くため」でしょうか?

根っこの目的としては、以下のものがあるはずです。

  • 走って体力をつけたい
  • 筋トレをして筋肉をつけたい
  • 若々しい体を維持したい

上記の通り。

目的は「ジムに行くこと」ではなく、ジムに行ったあとの状態(筋肉をつける、体力をつけるなど)を手に入れることです。

ここを間違えてしまうと、真剣に仕事をしているつもりが、トンチンカンな仕事になってしまうこともあります。

せっかく頑張って仕事をしても、「そういうことじゃないんだよな」と言われたらつらいですよね。

言われた通りに仕事をするのではなく、「相手が何を言いたいのか?」という事を考えつつ、本音を見抜くように意識してみましょう。

内容に間違いがあることに気付かない

卵を買いたいから、ジムに行きたい!

普通に考えたら「ジムに卵は売っていない」ことがわかりますよね。

ここで、「もしかして、スーパーに行きたいんですかね?」と聞けば、「すみません、間違えてました」となります。

しかし、言われた通りにやる仕事をしていると、とりあえず近くのジムを探し始めます。

その結果、「ジムに卵が売っていない。なんで教えてくれなかったのか」というトラブルにも繋がりかねません。

今回のケースは少し極端ですが、実際の業務では「お互いの当たり前」の認識がずれていることによるトラブルが多いです。

この件については、次の「適当に仕事をやる3つのポイント」でさらに詳しく解説していきます。

仕事を適当にやる3つのポイント

「適当に」「肩の力を抜いて」と言っても、具体的にどうしたらいいの?

繰り返しになりますが、「適当に」というのは「不真面目に」「手抜きで」という意味ではありません。

これからは、具体的にどう行動したらいいのかについて、3つのポイントを解説していきます。

仕事を適当にやる3つのポイント
  1. 手を動かす前に細かく聞く
  2. 作業中の疑問点はすぐに聞く
  3. すべての仕事で100%の力を出さない

①手を動かす前に細かく聞く

上司
上司
このExcelファイルを印刷してもらっていいかな?

「これを印刷しておいて」というのは、仕事をする上でよくあるシーンですよね。

ここで、「はい、わかりました」とそのまま印刷をしてしまう人は危険です。

ペンギンくん
ペンギンくん
何言ってるの?印刷するだけでしょ?

こう思う人もいるかも知れませんが、以下のことは本当にわかっていますか?

  • 用紙サイズはA4か、A3か
  • 片面印刷か、両面印刷か
  • 部数は何部必要か
  • 白黒か、カラーか

用紙サイズや部数までは指示してくれる上司もいますが、「片面印刷」「カラー」という支持まではしてくれないことがほとんどです。

指示の中に曖昧な点はないかどうかを考えて、もしあれば「手を動かす前に」細かく聞くようにしましょう。

②作業中の疑問点はすぐに聞く

ペンギンくん
ペンギンくん
よし、A4で5部印刷だな。

「A4で5部印刷する」というところまでは指示されたら、大体の人は「片面印刷」「カラー」で印刷するはずです。

なぜかというと、印刷するなら「片面印刷」「カラー」という設定が当たり前だと思っているからです。

私も同じ考えでしたが、以下のことを指摘されて考えを変えました。

上司
上司
なんで片面カラーで印刷したの?社内資料なんだから、白黒の両面印刷でいいよ。紙とインクがもったいない。

「細かいな」と思いつつも、「確かにそのとおりだな」という納得感もありました。

ここで重要なのは、「紙とインクを無駄にしないようにする」ことではありません。

「自分の常識は、他の人の常識ではない」ということです。

  • 自分:カラーで片面印刷が常識
  • 上司:白黒で両面印刷が常識

こういった認識のずれが必ずあるからこそ、自分の判断で「良かれと思ってやる」というのはダメなんですよね。

紙とインクくらいで大げさな。

今回のケースはとても単純でしたが、社外の人とのやりとりになると、もっと複雑です。

さらに、お客さんからは「こうなっていることは当然でしょ?世の中の常識ですよね?」と言われることもあります。

ねこじょーかー
ねこじょーかー
(あなたの会社の常識は、世の中の常識じゃないですよ)

なんて言えるわけもなく、「すみません」と言うしかありません。

しかし、自分が常識だと思っていることを事前に確認しておけば、こういった事態は防ぐことができます。

自分の常識で勝手に判断するのではなく、自分の常識を疑って、念のため確認することを心がけましょう。

③すべての仕事で100%の力を出さない

ここでは、タイトルにもある通り「肩の力を抜く」という点にフォーカスしてお話します。

すべての仕事に100%の力を注ぐことができればベストですが、それでは体力が持ちません。

そこで、以下のように仕事を分類します。

  • 100%の力を注ぐべき仕事(全体の2割)
  • 80%の力で問題ない仕事(全体の8割)

上記の通り。

パレートの法則にもある通り、100%の力を注ぐべき仕事は全体の2割くらいです。

なので、全体の8割くらいの仕事は80%の力でも問題ありません。

業種にもよるので一概には言えませんが、だいたい以下のような分け方になると思います。

  • 「社外」向けの作業:本気を出す
  • 「社内」向けの作業:8割の力で片付ける

5割くらいの力で片付けてしまうと「手抜きしているな」と思われてしまうので、8割の力は必要です。

これをやると、より重要な仕事に力を注ぐことができるので、成果も出やすいですよ。

社内資料なんて、ほとんど見られないまま終わることも多々ありますからね。

成果に直結する仕事に全力を注ぐことを意識してみましょう。

まとめ

「真面目にコツコツやる」というのも確かに大切ですが、「力を入れるべきところで本気を出す」という方が重要です。

あまり評価されない仕事に本気を出しても、誰も評価してくれません。

最後に、もう一度「仕事を適当にやる3つのポイント」を載せておきます。

仕事を適当にやる3つのポイント
  1. 手を動かす前に細かく聞く
  2. 作業中の疑問点はすぐに聞く
  3. すべての仕事で100%の力を出さない

このポイントを意識しつつ、本気を出すべき仕事に力を入れて、圧倒的に成果を出していきましょう。