ねこじょーかーぶろぐ
レベルアップしたい 20代〜30代の会社員へ
仕事

仕事で成長したいなら「社内で独立」しよう【責任感が段違いですよ】

  • 仕事でもっと成長したい
  • 頑張ってはいるが、なかなか成長できない
  • 他の人より一歩先に行きたい

こういった人向けの記事です。

仕事でもっと成長したいのに、成長を実感できないまま時間が過ぎていくと「このままで大丈夫だろうか」と不安になりますよね。

経験談として、もっと成長したい人は「1人で仕事をすべき」だと考えています。

私はここ3年くらい、リーダーとして「3つの案件」を完遂してきました。

直近の案件では「ほぼ1人」で以下の作業をやっており、ほとんど他の人に頼っていません。

1人でこなしている作業の例
  • お客さんとの打ち合わせ
  • 資料作成
  • プログラムを書く

上記の通り、さまざまなことをやっています。

1人で作業をして感じることは、「責任感が段違いになるため、圧倒的に成長できる」という点です。

私の経験談を踏まえて、「社内で独立すべき話」について深掘りしていきます。

では、早速見ていきましょう。

仕事で成長したいなら「社内で独立」しよう

仕事で成長したい人は「社内で独立すべき」と考えています。

「え?どういうこと?」と思うかもしれませんが、会社を辞めて1人で稼ぐだけが「独立」ではありません。

他の人に頼らず「1人で」ひと通りの業務をしていれば、「社内で独立した状態」といえます。

社内で独立すべき理由としては、「責任感が段違いになり、圧倒的に成長できる」ためです。

「独立しろ」と騒がれる時代

会社員は成長できないから独立しろ!

twitterなどを見ていると、「会社員での成長は難しいから、早く独立したほうがいい」というコメントをよく見かけます。

しかし、「会社員だから成長できない」という考えは完全に「間違い」です。

「会社員での成長が難しい」と言っている人に限って、以下のような特徴があります。

  • 会社員が自分に合わないと思ってすぐ辞めた
  • ブラック企業に勤務していて疲弊していた
  • その人のやりたいことではない仕事内容だった

上記の通り。

これは「会社員が成長できない」というよりも、「その人が勤めていた会社が合っていなかった」というのが正しいですよね。

「自分が成長できなかった=他の人も成長できない」と考えるのは違います。

例えば、宝くじに外れたからといって、他の人も外れているとは限らないですよね。

日本のどこかで「100万円」当選している人もいれば、「1億円」当選している人もいます。

つまり、会社によって「当たり外れ」があり、外れを引いてしまうと「成長できない」ということになるのです。

会社員として成長できない会社の特徴3つ

会社によって「当たり外れ」があると書きましたが、「外れ」の特徴としては3つあると考えています。

  1. 「仕事」ではなく「作業」になっている
  2. 自分が手を動かさなくても問題ない環境
  3. 他の人が必要以上に助けてくれる

①「仕事」ではなく「作業」になっている

仕事と作業って何か違うの?

「仕事」と「作業」に関しては、以下の違いがあると考えています。

  • 仕事:自分の工夫が「必要」な内容
  • 作業:自分の工夫が「不要」な内容

上記の通り。

「仕事」というのは、自分の工夫があるかどうかが重要です。

ペンギンくん
ペンギンくん
じゃあ単純な事務仕事とかは、「作業」になるのかな。

「事務仕事=作業」かというと、必ずしもそうはなりません。

例えば、「取引先に請求書を送付する」という内容でも、自分で工夫して手順を効率化していれば、それは立派な「仕事」になります。

しかし、「マニュアルに書いてある通りに毎回同じことをしている」という人は、残念ながらそれは「作業」ということです。

あなたの仕事は「作業」になっていませんか?

自分の工夫を少しでも入れて、「仕事」をするようにしましょう。

②自分が手を動かさなくても問題ない環境

「自分が手を動かさない」というのは、「仕事内容を他の人にお願いする」という意味です。

仕事を他の人にお願いすると、自分では内容を詳しく知らなくても問題ないので、知識もあまり増えずに成長できない、ということになります。

例えば、日常のシーンで考えるとわかりやすいかもしれません。

  • パソコンのWiFiを友達に設定してもらったけど、実際にどうやって設定したのかまではわからない
  • 親に作ってもらった料理を自分でつくろうと思ったけど、つくり方がわからない

上記の通り。

人にやってもらったことって、自分のスキルアップには一切繋がっていないんですよね。

ここを勘違いしていると、成長できない人になってしまいます。

そして実は「他の人にお願いする」という仕事のやり方は、企業の規模が大きくなればなるほど多いです。

以前の記事「【事実】大企業で働く人が中小企業で働く人より優秀とは限りません」でも詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

③他の人が必要以上に助けてくれる

先ほどの「②自分が手を動かさなくても問題ない環境」に似ているのですが、他の人が必要以上に助けてくれるのも問題です。

人間関係が良い証拠じゃないの?

確かに人間関係が良くないと誰も助けてくれないので、いい職場であることは間違いありません。

しかし、以下の2つを考えると、

  • 自分の頭で考える前に、助けてもらった
  • 自分の頭で考えた結果が間違っていて、助けたもらった

2つの違いは「自分の頭で考えたかどうか」です。

「なんだ、それだけか」と思う人もいるかも知れませんが、自分の頭で考えずに助けてもらった場合は、成長できません。

成長できる仕事のやり方としては、以下の流れになります。

成長できる仕事のやり方
  1. 自分で仮説を立ててみる
  2. 仮設が正しいか検証する
  3. 自分なりの答えを出した上で、助けてもらう

「とにかく助けてもらっている」という人は、上記の手順を意識してみましょう。

1人で働くことの重要性

会社員をやっている限りは、他の人と仕事をすることが普通ですよね。

もちろん、他の人と協力して何かを成し遂げるのは素晴らしいことです。

しかし、「働きアリの法則」の通り、仮に10人で一緒に仕事をしたとすると、以下のような構成になってしまいます。

  • 2人:本当によく働く人
  • 6人:普通に働く人
  • 2人:ずっとサボっている人

上記の通り。

これは人数が変わっても、このような比率になってしまうことがわかっています。

俺は常に「本当によく働く人」の中に入っているぜ!

この人は素晴らしいですが、「10人中10人」が「本当によく働く人」になることはできません。

全員が「本当によく働く人」になるには、「10人それぞれが1人で業務をする」ということが必要になります。

1人で業務をすれば、自分が頑張るしかないので、自然と全員が「本当によく働く人」になりますよね。

チームで働くと、「あの人が頑張ってくれているから、自分はそんなに頑張らなくてもいいや」という責任感のない人が必ず出てきます。

これを1人で働くようにすることで、一人ひとりの責任感が段違いになることは間違いありません。

私が1人で働いて感じたこと

私は会社員として働いていますが、普段はほぼ1人で働いています。

もちろん、他の人に相談などもしたりしますが、実際に手を動かしたり、お客さんと打ち合わせしたりするのも全部自分でやります。

私が1人で働いてみて感じたことは、以下の3つです。

1人で働いてみて感じたこと
  1. 責任感が段違いになる
  2. 圧倒的に成長できる
  3. 自分で答えを出す力がつく

①責任感が段違いになる

これまでも書いてきましたが、1人で働くことで「責任感が段違いになる」というのが一番大きな変化でした。

やはり、先輩と一緒に仕事をしていれば、最終的な仕事の責任は「先輩」にあります。

心の片隅では、「自分が失敗しても大丈夫」と思っていました。

最近は1人で働くようになってから、責任を取ってくれる人がいなくなったので、「自分がやらないと」という思いが特に強いです。

また、打ち合わせなどで間違った発言をしても、誰かがいたらフォローしてくれますよね。

上司がいる場合
ペンギンくん
ペンギンくん
「1+1=3」が正しいですね。
お客さん
お客さん
(この人は何を言っているんだ?)
上司
上司
失礼しました。「1+1=2」が正しいです。
お客さん
お客さん
やっぱりそうですよね。

しかし、1人の場合は誰も助けてくれません。

1人で仕事をする場合
ペンギンくん
ペンギンくん
「1+1=3」が正しいですね。
お客さん
お客さん
(この人は何を言っているんだ?)
お客さん
お客さん
「1+1=3」でしたっけ?
ペンギンくん
ペンギンくん
そうですね!

これは極端な例ですが、1人だと自信満々に「全然違うこと」を言っていても、誰もフォローしてくれません。

すべての発言や行動が自分の責任になると思うと、自然と「責任感が段違い」になります。

②圧倒的に成長できる

1人で仕事をすることで、圧倒的に成長できると断言できます。

一般的な会社の仕事のやり方としては、以下の感じです。

  • 自分が先輩:後輩に実作業の仕事を任せる
  • 自分が後輩:先輩に打ち合わせの主導権を渡す

上記により、先輩は少しずつ「実作業」のスキルが不足していき、後輩は「お客さんと話す力」が全然育ちません。

しかし、「先輩もいない」「後輩もいない」という状況であれば、実作業のスキルアップもできますし、打ち合わせもやりながらコツをつかむことができます。

「打ち合わせは複数人で行くもの」と考えている人もいるかも知れませんが、それだと「全員」は成長できません。

仕事で成長したければ、それぞれが1人で仕事をするべきです。

③自分で答えを出す力がつく

何人かで仕事をしていると、行き詰まったときに「これってどうしたらいいんでしたっけ?」と聞くだけで解決できる場合が多いです。

もちろん、想像もつかないような内容はすぐに聞くべきですが、毎回聞いていては「聞かないと解決できない人」になってしまいます。

しかも怖いのが、他の人に聞いた内容に納得してしまうと、それ以上自分で考えなくなるんですよね。

仕事で成長するには、「自分で仮説を立てて、それが正しいのかどうか確かめる」ということが最重要です。

まとめ

会社員をやっていると、他の人と一緒に働くことに喜びを感じる人も多いはずです。

気の合う人と「一緒に何かを成し遂げる」というのはとても楽しいですよね。

しかし、それだけで圧倒的に成長することはできません。

圧倒的に成長するには、「会社の中で独立」することが大切です。

「そうは言っても、そんな環境じゃない」という人は、環境を変えたほうが良いかもしれませんね。

【仕事で評価されない人へ】悔しい思いを解消する方法【転職もアリ】」で詳しく紹介しているので、興味があればどうぞ。

みなさんも1人で作業をすることで、圧倒的に成長しましょう。

仕事では「生産性」を圧倒的に向上させよう【長時間労働からの開放】「長時間労働が当たり前になっている」「終わらない仕事は残業で解決している」「自分の生産性を上げて残業を減らしたい」といった人向けの記事です。世の中の人は労働時間で仕事量をカバーしようとしている人が多すぎます。この記事では、その理由と生産性を向上させる方法を紹介しています。...
終身雇用が崩壊するって本当?会社員はこれからどう行動すべきか「終身雇用が崩壊するって聞いたんだけど本当?」「40〜50代で退職させられたらどうしよう・・・」←こういった人向けの記事です。 トヨタの社長が「終身雇用は守れない」と発言したことが話題になりました。 終身雇用が崩壊する理由と、崩壊した後の対策について記事で紹介しています。...