ねこじょーかーぶろぐ
レベルアップしたい 20代〜30代の会社員へ
プログラミング

【簡単】プログラミングを早く上達させるコツ【アウトプットせよ】

なかなか上達しないな〜。早くプログラミングができるようになりたい!

「自分の作りたいアプリやサービスを、自分で作ってみたい」と考えてプログラミングを始めた人も多いのではないでしょうか?

すごいスピードでプログラミングをしている人を見ると、「カッコいいな」と思いますよね。

しかし、いざプログラミングを始めてみると、なかなか上達しないまま、時間がどんどん過ぎてしまうことがあります。

これは、勉強する方法や方針が間違っている可能性があるだけなので、少し軌道修正するだけでグッと伸びが良くなりますよ。

私は190日以上かけてWebプログラミングを勉強し、LookmineというWebサービスを立ち上げました。

勉強していく中で、「これは上手くいった」「もっとこうした方がよかったかも」という学びがあったので、みなさんにもシェアしようと思います。

この記事を読み終わる頃には、プログラミングを勉強する方針がはっきりと見えているはずです。

前置きはこれくらいにして、詳しく見ていきましょう。

プログラミングを早く上達させるコツ

プログラミングを早く上達させるコツとしては、3つあると考えています。

プログラミングを早く上達させるコツ
  1. アウトプットを中心にする
  2. とにかく検索して調べる
  3. 質の高い勉強をする

1つずつ深堀りしてみていきます。

①アウトプットを中心にする

プログラミングは「自分で手を動かすこと」が一番重要です。

もちろん、インプットも重要なのは間違いありません。

インプットがなければ、アウトプットもできないですからね。

しかし、インプットだけしていても、自分の力でプログラミングができるようにはなりません。

ここで、プログラミングの伸びが早い人と遅い人を比べてみましょう。

  • 伸びが遅い人:ネットや本で情報をひたすらインプットする
  • 伸びが早い人:本を1冊買って手を動かしながらインプットする

伸びが遅い人は、インプットにばかり力を入れてしまい、アウトプットの時間を取りません。

インプットを続けても知識は増えていくのですが、いざ自分でプログラミングをしようとすると途端に手が動かなくなります。

例えば、学生の頃に「出された宿題に対して、解答を写して提出していた」という人も多いのではないでしょうか?

解答を写したときは「なるほど、こういう解き方があるのか」と勉強になった気がしますよね。

しかし、テストのときに同じ問題が出たとしても、解けない人がほとんどだと思います。

これは、覚えた内容を自分の力で考えてアウトプットできていないためです。

いくら頑張ってインプットをしても、それをアウトプットできなければ、次第に忘れてしまいます。

せっかく勉強した内容は忘れないようにしたいですよね。

インプットはほどほどにして、自分の手を動かす「アウトプット」を意識するようにしましょう。

ペンギンくん
ペンギンくん
でもどんな方法で勉強するのがいいの?

書籍を買って最初から順番に勉強することで、インプットとアウトプットを同時にすることができます。

あとは、ドットインストールという無料動画サービスで「動画を見ながら合わせて手を動かす」こともできますね。

「書籍でじっくりやりたい」「動画で見ながらやりたい」というのは人それぞれなので、自分に合った方法で勉強するようにしましょう。

②とにかく検索して調べる

プログラミングをしていると、挫折したくなる「詰まりどころ」がたくさん出てきます。

  • エラーが出て解決できない
  • 文法がわからない
  • やりたいことが実現できない

上記の通り、プログラミングは一筋縄ではいかないため、最初の段階で「もう辞めてしまおうかな」という人も多いです。

しかし、ここで諦めてしまうのはもったいないです。

何か行き詰まったときは、必ず「検索する」ようにしましょう。

ほぼ100%の確率で、検索するだけで解決することができます。

つまり、プログラミングは「検索力」が重要になるということです。

  • エラーが出て解決できない
    → エラーメッセージをそのまま検索する
  • 文法がわからない
    → 「Ruby 条件 複数」などで検索する
  • やりたいことが実現できない
    → 「css 文字列 中央寄せ」などで検索する

ほとんどが、上記のような検索で解決することができます。

頑張って調べたけど、どうしても解決しない。

調べに調べて、それでも解決しないという場合もたまにあります。

この場合は、「英語で検索する」のもおすすめです。

  • 「Ruby 条件 複数」→「Ruby condition multiple」
  • 「css 文字列 中央寄せ」→「css text center」

こんな感じで、検索ワードを英語に変換して検索するだけで、解決できる確率がグッと上がりますよ。

英語が苦手だから検索ワードもわからない。

英語が苦手な人は、検索ワードをGoogle翻訳で英語に翻訳してから検索すればOKです。

③質の高い勉強をする

「勉強をする」といっても、世の中にプログラミング教材はたくさんあるため、いろんな勉強方法があります。

  • 書籍で勉強する
  • 動画で勉強する
  • プログラミングスクールで勉強する

「あまりお金をかけたくないなぁ」と考えている人は、まずはドットインストールで勉強しましょう。

ドットインストールは無料のプログラミング教材を動画で提供しているサービスで、最初に基礎を勉強をするには向いています。

ですが、「最初から最後まで無料で勉強する」ことはおすすめできません。

というのも、無料で得られる情報には限界があり、どうしても有料の情報の質には勝てないからです。

「他の人より一歩先にいきたい」という人は、少し慣れてきたら無料で勉強する期間を卒業して、有料の情報で勉強するようにしましょう。

質の高い勉強とは

質の高い勉強とは、「最低限の時間で、最大限の効果が出る勉強」のことです。

1時間勉強するにしても、より多くのことを吸収できる方がいいに決まっていますよね。

質の高い有料の動画サービスとしては、Udemyが有名です。

数々の実績を持つ講師が解説しているので非常にわかりやすく、実践的な内容も多いのが嬉しいですね。

あと最近話題になっているのは、「プログラミングスクール」です。

  • TechAcademy ※自宅にいながらオンラインで完結したい人向け
  • TECH::CAMP ※教室でみんなと一緒に勉強したい人向け
  • Tech Boost ※AIやIoTなどのトレンド技術を学びたい人向け

「スクール」と聞くと学校に通うイメージが強いですよね。

しかし最近では、TechAcademyなど「オンラインで完結する」スクールも増えています。

平日仕事をしながら、家に帰ってからオンラインスクールで勉強する、という人も増えてきているんですよね。

もちろん、TECH::CAMPのように通うタイプのスクールもあるので、仲間と一緒に勉強をしたい人はこちらがいいかもしれません。

いま流行りのトレンド技術を勉強したい人は、Tech Boostがあっています。

どれも無料で説明会や体験会を実施しているので、とりあえず体験してみるのもアリですね。

でも、有料の値段を見たら結構高い…

確かに数十万円するスクールは安いものではありませんが、無料の説明会や体験会に参加するだけなら、スクールに入る必要はありません。

無料で体験してみて、「高いお金を出すまでもないな」と感じたら、自分で勉強するだけです。

「プログラミングスクールは自分に合わないんだな」とわかっただけでも、大きな収穫ですよ。

最初の頃はいろんな勉強法に手を出してみて、自分にあった勉強法を見つけることから始めるのが良いと思います。

とにかくアウトプットしよう

インプットも重要ですが、プログラミングで一番重要になるのは「アウトプット」です。

「インプット→アウトプット→インプット→アウトプット…」を高速に繰り返しているうちに、実力がついてきますよ。

ただ闇雲に勉強するのではなく、自分にとって質の高い方法を取るようにしましょう。

この記事で紹介したリンクを最後にまとめておくので、参考にしてください。

プログラミングを早く上達させるように、自分に合った方法で勉強を進めていきましょう。

紹介したリンクまとめ

無料動画サービス
有料動画サービス
プログラミングスクール
  • TechAcademy ※自宅にいながらオンラインで完結したい人向け
  • TECH::CAMP ※教室でみんなと一緒に勉強したい人向け
  • Tech Boost ※AIやIoTなどのトレンド技術を学びたい人向け

※プログラミングスクールは、すべて無料体験・無料説明会あり