ねこじょーかーぶろぐ
レベルアップしたい 20代〜30代の会社員へ
仕事

終身雇用が崩壊するって本当?会社員はこれからどう行動すべきか

終身雇用が崩壊するって聞いたんだけど本当?
40〜50代で退職させられたらどうしよう・・・

終身雇用が崩壊すると聞いて、こういった疑問や不安を抱いている人向けの記事です。

先日に以下のツイートをしました。

ツイート本文

🔽 トヨタ社長が「限界発言」終身雇用の継続は難しいとの認識https://t.co/o7Yb9KSnYi

あの超一流企業のトヨタでさえ、終身雇用が厳しいと言っています。
会社にぶら下がって安心してる人は危険。これからは個人で頑張らないとですね。
今から準備しておかないと間に合いません。

会社員歴6年目の観点から、上記を以下の観点で深掘りします。

  • 終身雇用が崩壊するのかどうか
  • 終身雇用が崩壊する理由は何か
  • 会社員が終身雇用の崩壊後も生き残るにはどうするか

では、早速見ていきましょう。

終身雇用が崩壊するって本当?

そもそも終身雇用とは、倒産がない限りは定年まで会社に雇ってもらえる制度のことです。

なので、よほどの悪事を働いてクビにならない限りは、その会社に居続けることができます。

入社したら1つの会社で40年ほど働いて、できる限り昇進ができるように日々頑張る、というのが世の中の「当たり前」でした。

40年も働くなら給料が多くもらえる会社を選ぶのが普通ですし、「大企業に入ったから勝ち組だ」という風習もまだ残っていると感じます。

ですが、超一流企業トヨタの社長が「終身雇用を守るのが難しい」と発言したことで騒然となりました。

え?定年まで働けないの?
会社員として働くことが普通じゃなくなるの?

このあたりの疑問について、「未来予測」と「私なりの考え」を書こうと思います。

終身雇用が崩壊する理由とは

結論から先に言うと、近い内に「終身雇用は崩壊する」と考えています。

理由としては以下の3つです。

  1. 働き方が多様化してきているため
  2. 年功序列だと不公平感が出続けるため
  3. 世の中の移り変わりが激しいため

終身雇用が崩壊する理由①:働き方が多様化してきているため

今までだと「1つの会社に40年」という働き方が当たり前でしたが、最近は20代のうちから転職をしたり、独立したりする人が増えてきています。

転職をすることのデメリットとして「給料が下がる」ことが挙げられていましたが、最近は中途採用を積極的に行っている会社も増えてきていて、給料も下がらないようになったりしています。

また、インターネット上で仕事がもらえる「クラウドソーシング」というサービスも普及していることで、会社に所属していなくても個人でお金を稼ぎやすくなっている、という現状もあります。

会社側としても辞める人が増えるのであれば、わざわざ終身雇用という制度を利用しないですよね。

このように、働き方が多様化してきていることが、終身雇用が崩壊する理由の1つ目です。

終身雇用が崩壊する理由②:年功序列だと不公平感が出続けるため

なんであのオジサンより給料が低いんだ・・・
あの人より良い仕事をしている自信があるのに・・・

会社にいる年数が増えれば増えるほど給料が増える「年功序列」という制度では、たとえ実力が伴っていなくても、会社に長くいる人ほど高い給料をもらっています。

例えば以下の2人がいたとしましょう。

  • 若手Aさん:資料の作成に30分、プレゼンテーションも得意
  • 古株Bさん:資料の作成に2時間、プレゼンテーションは苦手

普通に考えると「若手Aさん」の方が生産性もいいですし、他のスキルも豊富なので給料は高そうですが、年功序列だとどうしても「古株Bさん」の方が給料は高くなります。

そうなると若手Aさんが不満を持つようになり、退職の原因にもなりがちです。

会社としても古株Bさんを雇い続けるより、若手Aさんのような人に高い給料を払ったほうが売上が上がりそうですよね。

このように、年功序列だと不公平感が出続けることが、終身雇用が崩壊する理由の2つ目です。

終身雇用が崩壊する理由③:世の中の移り変わりが激しいため

一昔前までは、WordやExcelが自由に使える人が重宝されました。

しかし、最近は「AI」という技術が発達してきていて、様々なことが自動化されつつあります。

  • ウェブサイトに様々な情報を入力して送信する
  • 一連の定型業務を、Excel内で繰り返し自動で実施する
  • 特定の件名のメールが来たら自動でファイルを保存する

これらの操作に関しては、もうすでに「完全自動化」されています。

今まで「事務」と呼ばれる人がしていた作業ですが、機械が間違いなく作業を完了できる時代になってきています。

しかも機械は24時間365日働けて文句も言わないので、事務の人や「実力のない中年」の人を雇う必要はなくなりますね。

今までうまくいっていた人も、世の中の移り変わりが激しいことに気が付かないと、終身雇用が崩壊したときに辞めさせられる候補者になってしまうのです。

会社員が終身雇用の崩壊後も生き残るために

中年の人
中年の人
おいおい、俺は大丈夫かよ・・・
若い女性
若い女性
急に将来が不安になってきた。

こういった話をすると、「このままで大丈夫なのだろうか」と将来が不安になってきますよね。

終身雇用が崩壊すると同時に淘汰されてしまう人は、「変化していない人」だと確信しています。

これからの時代は「変化を続ける人」が必要とされると考えています。

この観点で、以下の3つをこれからの行動指針として挙げました。

  1. 勉強し続ける
  2. 定期的に転職する
  3. 独立する

これらは実行しやすい順番に並んでいます。

ひとつずつ見ていきます。

①勉強し続ける

以前の記事「【絶望】社会人で勉強しない人は、人生終了します【毎日遊ぶだけ】」でも解説していますが、変化の激しい時代に勉強をしていない人は、時代に置いていかれるだけです。

ペンギンくん
ペンギンくん
僕は休日に30分も勉強しているよ!

残念ながら、この程度ではダメです。

個人的には、平均して最低でも1日1時間は勉強していないと「人生終了」ですね。

終身雇用が崩壊が崩壊すると同時に淘汰されるか、その他大勢に埋もれて終わるかのどちらかです。

そうならないためにも、毎日勉強し続けることが大切です。

勉強と言っても何をしたらいいの?

何を勉強したらいいのかわからない人は、とりあえず資格勉強がおすすめです。

勉強しやすいのは「TOEIC」「簿記」あたりですね。

TOEIC完全攻略マップ【初心者〜700点まで】TOEICを始めようと思っている人から700点を目指している人向けの記事です。 TOEICのスコアアップに関する記事を全部で15記...
【完全初心者】簿記3級を攻略する3つのステップ【知識ゼロでもOK】「簿記に関して知識ゼロの初心者だけど大丈夫?」「簿記3級に合格するにはどういうステップを踏んだらいいの?」「参考書はどれを買ったらいいのかわからない!」といった人向けの記事です。「3つのステップ」を踏むだけで、より簡単に勉強を進めることができるようになります。...
簿記もTOEICも仕事で使わないんだけど?

「仕事で使わない」という理由で勉強しないと、今やっている仕事の内容しかわからない人になってしまいます。

そうなると今いる会社に依存するようになり、会社を辞めた途端に必要とされない人として扱われてしまいます。

「いやいや、別に会社を辞めようと思っていないし」という人もいるかも知れませんが、辞めようと思っていなくても辞めざるを得ない状況というのも起こり得ます。

  • 会社が倒産した
  • 絶対に行きたくない部署に移動になった
  • 家庭の事情で辞めるしかなくなった

上記の通り。

自分の意思で辞めようと思っていなくても、仕方なく会社を辞めることもあり得ます。

会社を辞めた後の選択肢の広さは、「会社にいながら仕事以外のことも頑張っていたかどうか」で決まると考えています。

「仕事で使わないものは勉強したくない」という人は、次の「②転職を続ける」が合っているかもしれません。

②転職を続ける

会社にいながら勉強することは大事だとわかっていても、仕事以外のことは勉強する気にならない、という人もいるかと思います。

そういう人は、定期的に転職するというのもアリだと考えています。

以前の記事「なぜ仕事がマンネリ化してしまうのか【対策もあわせて紹介】」でも紹介していますが、心理学の観点から人は1年おきに新しい「役割」に移る心の準備ができるようになっています。

さすがに1年おきに転職するのは早いですが、2〜3年おきに転職をすることで、常に新しい知識を学ぶことができます。

人は知っていることをさらに調べるよりも、新しいことを学ぶときに一番努力するそうです。

仕事に慣れてくると、だんだん居心地が良くなってきて「このままでいいかな」という気持ちになってきますが、こういった人ほど終身雇用が崩壊したときに真っ先にクビにされてしまいます。

転職を繰り返してあらゆるスキルを身につけておけば、終身雇用が崩壊しても大丈夫ですね。

③独立する

これが一番難易度が高いですが、独立してしまえば終身雇用が崩壊してもまったく問題ありません。

独立して失敗したらどうするの?
独立して成功するのは優秀な人だけでしょ。

当然ながらこういったことを言う人もいると思いますが、独立して成功している人も最初は会社員をやっていたという人もいます。

会社員をやりながら、仕事以外の時間でスキルアップをして、稼げるくらいになったら独立したというケースも多いです。

要するに、本人の努力次第で独立して成功する確率を1%でも上げることができる、ということです。

「そんな少し努力したところで・・・」と始めから諦めてしまう人は、永遠に成功率0%のままです。

今日からでも0%を1%にする努力を始めるべきで、今日から行動した人だけが将来成功すると信じています。

終身雇用が崩壊しても大丈夫なように、独立する準備を今日から始めるというのもアリだと思います。

まとめ

終身雇用が崩壊することについて、理由や対策方法を考察してきました。

完全に私の主観ですが、「終身雇用が崩壊する」と聞いて焦る人は「普段何も行動していない人」かなと思います。

普段何も行動していないと、仕事以外のスキルも身につきません。

スキルが身につかないと、今いる会社に依存しなくてはいけなくなります。

会社に依存していると、終身雇用が崩壊すると聞いたときに焦るのかなと思います。

「会社を辞めても自分で稼ぐスキルがあるから、別に大丈夫」と思えるくらい、会社員のうちに努力を続けて、来るべき時代に備えましょう。

周りの人を見ると何も行動していない人が多いので、少し行動するだけで追い越すことができますよ。

【絶望】社会人で勉強しない人は、人生終了します【毎日遊ぶだけ】勉強せずに、目先の楽しいことばかりに時間を使っている社会人は、確実に人生終了します。「そんなバカな」と思う人も多いと思いますが、残念ながら事実です。この記事を読むことで、その理由がはっきりとわかりますよ。...