ねこじょーかーぶろぐ
レベルアップしたい 20代〜30代の会社員へ
仕事

仕事がつまらないから辞める?その前に「楽しむコツ」を教えます

仕事つまらないなぁ。辞めようかなぁ。

仕事がつまらないと毎日が憂鬱になり、週末には「月曜日よ、永遠に来るな」と考えてしまう人も多いのではないでしょうか?

人生の大きな割合を占める仕事は、どうせなら楽しいものにしたいですよね。

私も以前までは「つまらないなぁ」と毎日を過ごしていたのですが、ちょっと意識を変えたところ、「楽しいかも」と思えるようになりました。

仕事を辞めるにしても勇気がいるので、まずはこの記事に書いたことを実践してみて、それから辞めるのでも遅くありません。

今日から真似できる内容なので、構えずに気楽な気持ちで読んでくださいね。

では、早速みていきましょう。

なぜ仕事がつまらないと感じるのか

そもそも、なぜ仕事が「つまらない」と感じてしまうのでしょうか?

仕事が「つまらない」と感じている人は、以下のような特徴があると考えています。

  • 今の仕事に慣れてしまっている
  • 頭を使う必要のない仕事である
  • 仕事が自分にあっていない

上記の通り。

以前の記事でも紹介していますが、仕事に慣れてしまうと「つまらないな」と感じやすくなります。

また、頭を使う必要のない「単純な事務作業」であればあるほど、つまらないと感じやすくなってしまいます。

たとえば、有名な「テトリス」を例に挙げて見てみましょう。

  • 1箇所にひたすらブロックを置き続けるゲーム
  • きれいに揃うようにブロックを置き続けるゲーム(テトリス)

上記の2つで、どちらが楽しそうですか?

1箇所にひたすらブロックを置き続けるゲームは、機械的に作業するだけなので、面白くないのは明らかですよね。

やっぱり、「自分の頭で考えて何かをする」というのが、楽しいものです。

仕事がつまらないと感じている人は、「1箇所にひたすらブロックを置き続けるゲーム」をしてしまっているのかもしれません。

仕事を楽しむためのコツ

仕事を楽しむためのコツは、ずばり「自分で仕事をコントロールすること」です。

といっても抽象的すぎるので、具体的にどうしたらいいのかを3つのコツとしてまとめました。

仕事を楽しむためのコツ
  1. 「思考停止」をやめる
  2. 仕事を「ゲーム」として考えてみる
  3. 仕事中に「仕事以外のこと」もやってみる

さらに深掘りして見ていきましょう。

楽しむコツ1:「思考停止」をやめる

まず、仕事を楽しめていない原因の一つとして、「思考停止」をしている可能性が高いです。

思考停止の例を見てみましょう。

  • 上司に言われた通りに仕事をやっている
  • 与えられた仕事をそのままこなしている
  • 自分の頭で考えず、すぐ人に聞く

このように、自分の頭で考えて仕事をしていない場合は、仕事がつまらないと感じやすいです。

上司に言われた通りに仕事をやっていたり、わからないところはすぐ人に聞いたりしていると、いつまでもコントロールできるようになりません。

どうすればいいのかというと、以下のように自分の頭で考えれば大丈夫です。

  • 頼まれた仕事のスケジュール管理を自分でする
  • 与えられた仕事+αで、自分のオリジナリティを加える
  • 自分で考えた意見を踏まえて、人に聞く

上記の通り。

例えば、何個も仕事を頼まれている場合は、「どの仕事を最初にやって、いつまでに終わらせるか」ということを自分で決めます。

また、与えられた仕事の通り終わらせても自分でコントロールしていることにならないので、「自分なりの工夫」を一つ入れてみるのもおすすめです。

できる男
できる男
一緒に〇〇も合わせてやっておきました!
できる女
できる女
△△も影響ありそうだったので確認しておきました!

このように行動できれば、上司も「おっ、いいね!」と思ってくれますし、仕事も楽しいと感じるようになってきます。

まずは思考停止をやめて、自分の頭で考えることをやってみましょう。

楽しむコツ2:仕事を「ゲーム」として考えてみる

そもそも「仕事=つまらないもの」と思っていませんか?

「仕事=面白いもの」とするには、「仕事はゲーム」として考えてみましょう。

例えば以下のような仕事を頼まれたとします。

  • 期限は3日後
  • 年間の売上がわかる資料を作成する
  • 資料作成はExcelを使用する
ペンギンくん
ペンギンくん
よし、3日後に間に合うように、Excelで年間の売上がわかる資料を作るぞ!

意気込みは素晴らしいですが、純粋にこれだけだと面白くありません。

面白くないので、段々と仕事がつまらないと感じるようになってしまいます。

ではどうするかというと、以下のように考えてみます。

  • 期限は3日後 → 2日で完成させてみよう
  • 年間の売上がわかる資料を作成する → 推移や前年度比もわかるようにしよう
  • 資料作成はExcelを使用する → データのグラフ化も検討しよう

このようにして、どんどん自分で仕事に肉付けをしていきます。

仕事はそのままでは面白くないので、「いかに自分で面白くできるか」重要です。

「期限前に仕事を終わらせられるかどうかのゲーム」「誰よりも一番詳しい資料作成ができるかどうかのゲーム」と考えて仕事をすることで、仕事がより楽しいものになります。

「自分の考えを取り入れる」ことを意識すると、ゲームになりやすいですよ。

楽しむコツ3:仕事中に「仕事以外のこと」もやってみる

勘違いしている人が多いのですが、仕事は「与えられた仕事しかしてはいけない」というルールはありません。

つまり、「自分で仕事をつくる」というのも全然アリだと考えています。

ペンギンくん
ペンギンくん
自分で仕事をつくる?

具体的には以下のような内容です。

  • 今やっている仕事を効率化する(紙をExcelで管理する、など)
  • 仕事を効率化できそうなツールを探す
  • 「これをやった方が後々楽になるな」と考えていたことをやる

上記の通り。

今やっている仕事は無駄なところが一切ありませんか?

今よりもっと効率よく仕事をすることはできませんか?

この質問に「YES」と答えられるなら、おそらくすでに仕事が楽しいと感じているはずです。

仕事がつまらないのは、無駄が多い仕事だからかもしれません。

常に「もっと効率化できないだろうか?」「もっといいやり方はないだろうか?」と自分に問いかけることで、自然とやるべきことが見えてきます。

そうは言っても、仕事をこなすことで精一杯。

こういう人ほど、効率化について考えてほしいです。

「効率が悪い仕事をしているせいで忙しい」ということに気付いていないだけかもしれません。

「どうやって効率化したらいいのかわからない」と思う人もいると思いますが、ここをしっかり考えておくことで、仕事が楽しくなる可能性が高いです。

お風呂に入りながらでもいいので、ゆっくり考えてみましょう。

今までのやり方で問題なく出来ているから大丈夫。

実はこれが一番危険です。

今までうまくいってたことは、次も必ずうまくいきますか?

うまくいったとして、それはベストな方法ですか?

この質問に対しては、「必ずではないけど、それなりにうまくいくはず」と答える人がほとんどだと思います。

「今までうまくいってたから今回も大丈夫」というのは、完全に「思考停止」している証拠です。

そういった考えから、段々と仕事がつまらなくなってきます。

「仕事を面白くするにはどうしたらいいか?」と常に考えて仕事をしてみましょう。

仕事を楽しめるかどうかは自分次第

仕事を楽しむためのコツをまとめると、以下の3つです。

仕事を楽しむためのコツ
  1. 「思考停止」をやめる
  2. 仕事を「ゲーム」として考えてみる
  3. 仕事中に「仕事以外のこと」もやってみる

自分の行動を少し変えるだけで、仕事を楽しむことができる可能性があるので、ぜひ試してみてください。

しかし、「自分の工夫をする機会がない」「頑張ってはいるが、周りの環境のせいでつまらない」という人もいるかと思います。

そういった場合は、無理してそこで働き続けても消耗するだけです。

無料の転職サイトに登録しつつ、転職の準備だけしておきましょう。

以下の3つがおすすめです。

  • リクナビNEXT ※リクナビNEXTだけの限定求人が約85%。グッドポイント診断で、自分の強みを分析できる。
  • リクルートエージェント ※大手のリクルート。転職成功実績No.1。
  • DODA ※面接対策・職務経歴書などの実践的なサポートが素晴らしい。

登録しておけば定期的に情報が届くので、「もう限界!辞める!」と決意したときに、「そういえば、良い求人があったな」とすぐ行動することができます。

逆に、辞めようと思ったときに「転職先ってどんなところがあるんだろう」という状態では、人生の貴重な時間を無駄にしてしまいますよ。

今の職場で頑張るにしても、転職するにしても、自分で行動をしない限り現状は変わりません。

自分から行動して、楽しく仕事ができるようにしていきましょう。