ねこじょーかーぶろぐ
レベルアップしたい 20代〜30代の会社員へ
お金

銀行の定期預金を「今すぐ」解約すべき理由【お金が減り続けますよ】

  • 銀行の定期預金を解約すべきか迷っている
  • お金が溜まったので定期預金を考えている
  • もう何年も定期預金をしているお金がある

こういった人向けの記事です。

お金を長期間預けておこうと思ったら、まず「定期預金」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

私もその1人でしたが、定期預金を続けていても「お金が減り続けてしまう」ことがわかり、解約してしまいました。

「いやいや、実際に減っていない」という人は、減っていないことに気づいていないだけかもしれません。

この記事では、定期預金を解約すべき理由についてと、代わりにどうすべきかについて解説しています。

では、早速見ていきましょう。

銀行の定期預金を「今すぐ」解約すべき理由とは

銀行の定期預金を「今すぐ」解約すべき理由は3つあります。

銀行の定期預金を今すぐ解約すべき理由
  1. お金が減る可能性があるから
  2. 金利が低すぎるから
  3. もっと増やす方法があるから

理由①:お金が減る可能性がある

え?銀行に貯金してたらお金は減らないでしょ?

「銀行預金=お金が減らない」と考えている人は、少し危険かもしれません。

みなさんは「何だか昔と比べると物価が上がったな」と感じるときはありませんか?

日用品から食材など、普段よく買うものについては特に「高くなった」と感じやすいですよね。

それもそのはず、日本政府は「2%のインフレ目標」に関する声明を出しています。(参考:金融政策運営の枠組みのもとでの「物価安定の目標」について

要約すると、「毎年2%程度でゆるやかに物価が上がっていくように、経済のかじ取りをしていくからよろしくね」という意味です。

普段の生活に当てはめて考えると、今年100円で変えている商品が、来年は102円(2%値上がり)をしている可能性が高い、ということになります。

逆に考えれば、100万円の預金は表面上は減っていなくても、経済が成長して2%物価が上がると、100万円の価値が98万円になってしまう、ということです。

日本の経済が順調に成長を続ければ、預金が「順調に減り続ける」という状況になることは理解しておきましょう。

理由②:金利が低すぎる

でもお金を預けるとしたら定期預金くらいでしょ?

銀行の定期預金をしたとして、だいたい「年利0.03%」くらいが一般的かなという印象です。

しかし、先ほど説明したように、少なくとも「年利2%」なければお金が減り続けてしまう可能性があります。

銀行の定期預金では年利が全然足りませんよね。

また、中にはこんな人もいると思います。

俺は2%のインフレは信じないし、定期預金を信じてる!

確かに、2%のインフレが必ず起こるとは限りませんが、それでも定期預金よりは確実に金利が良い預け先があります。

それは、「個人向け国債」です。

国債と聞くと「何だか難しいな」と感じる人もいると思いますが、全然そんなことはありません。

国債を買うというのは、「国にお金を預ける」と思っていただければ大丈夫です。

銀行の定期預金と比べると、最低でも「年利0.05%」は保証してくれるので、お得なのがわかりますよね。

さらにこの年利は「固定」ではなく「変動」にすることができます。

おすすめの買い方は、以下のとおりです。

  • 景気が悪いときは「変動」にして年利が上がるのを待つ
  • 景気が良くなったら「固定」にして高い年利を受け取る

これをすることで、景気の悪いときは最低の年利「0.05%」をキープして、景気が良くなれば「年利が良い状態を固定」にすることができるようになります。

他にも、個人向け国債のメリットはたくさんあります。

個人向け国債のメリット
  1. 元本割れしない
  2. 1万円から買える
  3. 国が発行しているので倒産の心配がない
  4. 途中で解約も可能
  5. 毎月発行されているので、積み立て感覚で買える

上記の通り。

これだけメリットがあるので、銀行の定期預金とどちらが良いかは、比べるまでもないですね。

でも個人向け国債って初めて聞いたし心配…

初めて聞くことに対して「本当?」「怪しいものでは?」と、どうしても疑り深くなってしまいまう気持ちはわかります。

しかし、お金の運用については学校で教えてくれないので、自分で調べるしかありません。

そして、調べないまま「みんながやっているから」という理由だけで、銀行の定期預金にお金を預けてしまう、というのがよくある流れです。

「自分もやってみようかな」と思った人は、「個人向け国債の公式サイト」をチェックしてみてください。

理由③:もっと増やす方法がある

でも年利2%以上の利益を出すにはどうしたらいいの?

これまでの話だと、銀行の定期預金が「年利0.03%」、個人向け国債が「年利0.05%」なので、2%のインフレには届きません。

ではどうするのかというと、もう少し利回りの高い金融商品を買うことで、そこまでリスクを上げずに「年利3〜5%」を実現できます。

気になる方は以下の記事で細かく解説しているので、合わせてご覧ください。

【発表】老後資金2000万円を20年で貯める方法【経過画像あり】「老後資金を2000万円も貯められる自信がない」「銀行で定期預金をしているが、全然増えない」「老後の生活が心配」といった人向けの記事です。ちゃんとした知識を持って今から準備すれば、20年かけて2000万円を貯めることは十分に可能と断言します。この記事で具体的な方法を紹介しています。...

おまけ:貯蓄型の保険ってどうなの?

でも私は貯蓄型の保険に入っているから大丈夫。

おまけとして、「貯蓄型の保険」についても解説をします。

よくある貯蓄型の保険は、例えば以下のような内容です。

  • 20歳から60歳まで40年間積み立てる
  • 40年間積み立てれば、総額が628万円になる
  • 40年後に解約すれば、773万円戻ってくる
ペンギンくん
ペンギンくん
お!40年で145万円も増えるんだね!

これを見て「お得だ」と感じた人は要注意です。

元本からみると「23%」も増えているので、一見お得に感じるかもしれません。

しかし、年利で見ると実は「年利1%」にしかならないというのが現実です。

銀行預金よりはマシですが、「結婚」「転職」などを機に保険を見直す人が多く、満期までちゃんと積み立てられる人は20%程度しかいません。

貯蓄型の保険は途中解約してしまうと、ほとんど利益にならないため、やる意味がないというのが結論です。

「大人になったら保険に入るのが普通だ」と思い込み、何となく勧められた保険に入ったというものがあれば、すぐに見直しをしましょう。

よし、無料の窓口に相談しに行こう。

ちょっと待ってください。

「無料相談」と名のついた保険の相談は、相手が一番得をするように誘導される可能性が非常に高いです。

例えば以下のケースを考えてみてください。

  • 保険A:契約すれば1,000円もらえる
  • 保険B:契約すれば5,000円もらえる

もしあなたが無料相談の窓口担当で、上記の通りお金がもらえるとしたら、どちらをお客さんに勧めますか?

何かとそれっぽい理由をつけて、より高いお金がもらえる「保険B」を勧めるのが普通ですよね。

無料相談の窓口担当の人は、あなたのことを最優先に考えているのではなく、自分の利益を最優先に考えています。

この認識がないと、「うまい言葉」に騙されていることにすら気付かず、「いい相談ができた」と勘違いしてしまうのです。

ではどうするのかというと、「あなたがどの保険を買おうが、その人にメリットがない人」に相談をすべきです。

まずは以下の本で知識をつけることをおすすめします。

この本では、保険のプロが表立っては言えない「ホンネ」を赤裸々に語っています。

1冊読むだけで、自分の保険について今後どうしていくかが見えてくるはずです。

「無料」という甘い言葉に騙されて、うっかり「相手が得する保険」に契約させられないように気をつけましょう。

まとめ

銀行の定期預金を「今すぐ」解約すべき理由は3つありました。

銀行の定期預金を今すぐ解約すべき理由
  1. お金が減る可能性があるから
  2. 金利が低すぎるから
  3. もっと増やす方法があるから

絶対に元本を割りたくない人は「個人向け国債」、年利3〜5%くらいの利回りを出したい人は、もう少しリスクのある金融商品を買うべき、という内容でした。

個人向け国債を買うということは「投資をする」ということです。

今まで「投資はリスクが高く、損をするもの」と思っていた人も、考え方が変わったのではないでしょうか?

周りの人に合わせるだけではなく、自分で調べてみて正しいと思ったことをやるべきです。

定期預金をすぐに解約し、もう少しお金の増える資産運用を始めて、不労所得を増やしていきましょう。

貯金が増えない人は「あの料金」が高すぎる【年間6万円は節約可能】「なかなか貯金が増えない」「生活費を少しでも下げたい」「貯金はしたいけど我慢はしたくない」といった人向けの記事です。だいたいの人が「あの料金」を払いすぎているせいで、「年間6万円以上」も損している可能性が高いです。この記事では、実体験をもとに年間6万円以上節約する具体的な方法について紹介しています。...